フードアナリストkeikoのハッピーライフ

アクセスカウンタ

zoom RSS 北京2日目    午前の部

<<   作成日時 : 2008/01/28 17:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2日の朝。
何とロビーに7時半集合って・・・
5時にモーニングコールが鳴りまして、身支度をして朝食を1階レストランへ食べに。

思ったより立派な朝食会場。
画像

画像


お世辞にも美味しいとは言いがたいバイキングの朝食を食べ、まずはホテル裏の天安門広場・故宮・紫禁城へ。

天安門広場、ひろーーーーーーーーい!!!
門広場は縦約900m、横500mの世界最大の広場で、50万人を収容することができる。毛沢東が建国宣言を行い、天安門事件が起こったのもここ。中国の国章にも天安門の図柄が採用されており、中国のまさに象徴です。

画像


しかし・・・

中国のスケールのデカさはこんなもんじゃなかった。

アメリカのスケールのデカさとはまた違う。
アメリカは
・無駄
・無理
・無茶
だらけで遊び心がいっぱいで大好きなんだけど
中国は歴史的スケールを感じさせられると言うか、多民族国家といいますか、ただでかいだけじゃない重いものを感じさせられます。
日本・韓国の文化もここから来てるんだもんね。
スゴイよなぁ。

こんなデカイ建造物人間の手で??
すごいな〜と思うけれど、その裏にはとても逆らうことの出来ない絶対的な権力がある。
親戚・親・兄弟も信じられない様な権力争い。
まさにラストエンペラーの世界がすぐに頭をよぎり、煌びやかな装飾された建造物を見るたびに強い権力を見せ付けられているようで、とても軽く見れなかったです。

とかなんとか言いながらキャーキレーイとか言ってましたけどね。

画像

下にいるのが私です。
すごーく高い塀でしょ?

世界最大の広場から天安門を入ると、ここから奥へ向かって南北961m、左右は東西753mにわたって世界最大の宮殿が広がっています。
内と外を分ける堀は幅52m、深さも6m、塀の高さは10mにもなり、日本の城壁がかわいらしく見えるほど。宮殿の総面積は72万平方m以上で東京ドーム約15個分。
お堀を掘った土で小高い丘が出来ちゃうんだからすごいです。
画像

このお堀を掘って出た土で・・・

画像

この丘が出来る!!


威圧感あふれるのが外朝の午門、太和殿、中和殿、保和殿と続く建物。特に紫禁城の中心と言える太和殿は、映画『ラストエンペラー』で、まだ幼かった皇帝・溥儀に並み居る家臣がひれ伏すシーンで有名。
画像

画像



その奥が内廷で、歴代のべ24の皇帝が暮らした居住スペース。
皇帝や皇后の居室から寝室、庭園まで、数多くの建物や部屋が集中していて、有名なのは玉座が置かれた乾清宮や、結婚式や宗教行事が行われた坤寧宮、故宮博物院の正門となる神武門など。
それぞれの部屋に歴代皇帝のドラマがあります。
部屋数は永遠を表す「久」にちなんで9並びの9999部屋と半部屋で、計9999.5部屋あると言われています。

画像

この屋根の動物の数が多ければ多いほど位の高い部屋。
因みに皇帝の部屋には最高の11個。


画像

中国で赤と黄色(金色)の組み合わせは皇族にしか許されていない配色だったそうです。だからこの黄色の屋根も中国ではここだけ。

画像

この部屋は初夜を過ごす部屋。隣の部屋は宗教行事が行われた部屋です。

画像

火災が多かったそうなので水がめが設置されています。この水がめがどのくら大きいかは後ろから私が顔を出しているのでわかるかな?
最初、金箔を貼られていたそうなのですが、襲撃された際に刀で金を削っていったそうです。今でもその刀の跡がついています。
画像



敷地内には木が一本もありません。
というのも木を植えていると敵が枝の影に隠れるのでわざと植えていないと聞きました。
しかし、一番奥の所に『花園』があり、庭園がありました。
画像

画像

この花園に植えてある木の形がすごく変わっていました。
足元に目をやると小石で絵を描いてあります。
昔、自転車あったのかな???
画像



私達はツアーだったのでザーっとしか見てないけれど、しっかり見たら一日かかるだろうなぁ。

ここは期待してなかったけれどとても素晴らしい所でした。
ラストエンペラー観たくなりましたよ。


次回は昼食とオリンピックスタジアム・万里の長城です。
つづく・・・

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
北京2日目    午前の部 フードアナリストkeikoのハッピーライフ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる